お年玉はいつから渡す?金額相場も年齢別にご紹介!

お年玉はいつから渡す?金額相場も年齢別にご紹介!

毎年、多くの子供が心待ちにしている「お年玉」ですが、いつから渡すようにしたらいいのか悩まれている方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、お年玉をいつからいつまで渡すのかという疑問に加え、金額の相場を年齢別にまとめてみたので、お年玉をあげる立場の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

目次

開く

お年玉はいつから渡す?

 

お年玉はいつから渡す

 

 

お年玉をあげる年齢に差し掛かってくると、自身の子供や親戚に対して、いつから渡すか悩む時が必ずきますが、実際にいつから渡せばいいのでしょうか。

 

結論から言うと、「いつから」という決まりがあるわけではないので、各自の判断であげる年齢を決めても問題ありません。

 

一般的には、小学生に入学する前後「5~7歳」くらいから、お年玉を渡すようにしているご家庭が多いようです。

 

その一方、子供が赤ちゃんの時期からあげる人もいますが、赤ちゃんに対するお年玉は「現金」ではなく、ベビー用品などで代用してあげるのもおすすめです。

 

小さい頃は親が管理した方がいい?

 

近くに親戚の多いご家庭などでは、お年玉をあげたり、もらったりする機会が多くなるため、必然的に一般的なお年玉の金額相場より大きくなります。

 

小学生の低学年(1~3年生)など、お金の使い道もわかっていない頃から管理させていても紛失したり、余計なものを購入するリスクがあるので、最低でも高学年(4~6年)になるまでは、親御さんが管理した方が良いでしょう。

 

例外として、お金に関する知識や使い方を学ばせたいと考えている人は、その都度、子供がお金を使う目的を確認しながら、必要な分だけ渡すなど、あくまで勉強の一貫としてお金に触れさせることは、将来のことを考えても良いでしょう。

 

続いて、お年玉を渡し始める時期に対して、いつまで渡すべきなのかについて確認していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

お年玉はいつまで渡すべき?

 

お年玉をやめる年齢

 

 

お年玉は、子供にとって貴重なお小遣いを貰えるイベントの一つですが、いつまでも貰えるものではなく、ご両親や親戚も渡さなくなるタイミングがやってきます。

 

一般的には、高校卒業を機に渡すのをやめる人が多いですが、しっかり成人するまでは子供という認識のもと、20歳になるまで渡しているご家庭もあります。

 

例外として、経済的に裕福な方などは、身内だけでなく、可愛がってる後輩や社員に対してお年玉をあげたりしているようですが、羨ましいの一言に尽きますねw

 

ちなみに、私の場合、近くに親族が極端に少なかったからか、中学3年生のお年玉を最後に貰えなくなりました(泣)

 

続いて、お年玉の金額の相場についてご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

お年玉の金額相場は?

 

お年玉の金額相場は?

 

 

お年玉を渡すタイミングと同じくらいに悩む人が多い「金額相場」ですが、自身の子供、親戚、友人の子供など、渡す対象によって金額相場も変わってきます。

 

ご家庭によって渡す金額も変わるものでもありますが、一般的な金額相場を対象者と年齢別にご紹介していくので、いくら包むか悩んでいる人は、参考にしてみてください。

 

お年玉の金額相場:自分の子供

 

まず、自分の子供にお年玉をあげる際の金額相場について、以下の表にまとめたので確認していきましょう。

 

 

年齢金額
幼少期

(~6歳)

 

500~1000円

 

小学生

(7~12歳)

2000~5000円
中学生

(13~15歳)

5000円
高校生

(16~18歳)

10000円

 

 

ご覧いただいた通り、幼少期の頃は、比較的少なめの金額となっていますが、中学生頃から平均的な金額になっていく場合が多いです。

 

大学、社会人になっても渡すご家庭もいるようですが、金額相場としては、高校生の頃と同じくらいの金額となっています。

 

お年玉の金額相場:親戚の子供

 

次に、親戚の子供にお年玉をあげる際の金額相場について、以下の表にまとめたので確認していきましょう。

 

 

年齢金額
幼少期

(~6歳)

  1000~3000円
小学生

(7~12歳)

3000円
中学生

(13~15歳)

5000円
高校生

(16~18歳)

5000~10000円

 

自分の子供にあげる金額と比較しても大差ありませんが、高校生には「5000円」くらいを包んで渡している人が多いようです。

 

大学生になると、会う機会も減っていくことから、ほとんどあげる人もいなくなりますが、関係値が深い間柄だと10000万円前後のお年玉を渡すところもあります。

 

お年玉の金額相場:友人の子供

 

次に、友人の子供にお年玉をあげる際の金額相場について、以下の表にまとめたので確認していきましょう。

 

 

年齢金額
幼少期

(~6歳)

3000円
小学生

(7~12歳)

3000円
中学生

(13~15歳)

5000円
高校生

(16~18歳)

5000円

 

 

幼少期の頃は、他と比較すると少し高めになっていますが、この辺の金額も友人との関係値によって変わるので、あくまで目安として参考にしてください。

 

中学生以降は、一貫して5000円程度のお年玉を包んで、大学生以降は渡さなくなっていくという人が多いようですね。

 

まとめ

 

 

 

お年玉をいつからいつまで渡すのか、自分の子供や親戚の子供、友人の子供に対して渡すお年玉の金額相場についてご紹介しました。

 

ここでご紹介したのは、あくまで一般的な目安となる情報なので、大家族や親族が多くて渡す人数が多い人などは、無理のない範囲で包む金額は検討するようにしましょう(*^-^*)

 

コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL