ホワイトデーはいつから始まった?意外な起源や海外の文化もご紹介!

ホワイトデーはいつから始まった?意外な起源や海外の文化もご紹介!

バレンタインデーのお返しをする日といえばホワイトデーですが、いつから始まった行事なのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、ホワイトデーの起源や発祥の地、海外のホワイトデー事情、いつからホワイトデーのお返しの準備をするべきなのかご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

目次

開く

ホワイトデーはいつから始まったの?

 

ホワイトデーはいつから始まった文化?

 

毎年、2月のバレンタインデーにチョコをくれた女性に対して、翌月に男性側からお返しする行事のホワイトデーですが、一体いつから始まったのでしょうか。

 

結論から言うと、具体的にこの時期から始まったという決まりはありません。

 

ただ、一般的には「ホワイトデー」という名前で大々的にキャンペーンが展開された、1980年3月14日から始まったと言われています。

 

バレンタインデーの始まりが1950年代と言われているので、ホワイトデーの文化が根付いたのは、だいぶ後からということになりますね。

 

続いて、ホワイトデーがいつから始まったのか、具体的に掘り下げていくために、起源や発祥の地について確認していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

ホワイトデーの意外な起源とは?

 

ホワイトデーの起源や発祥の地はどこ?

 

日本でホワイトデーが始まったのは、1950年代と言われていますが、一体どういう経緯で多くの人が認知する行事となったのでしょうか。

 

ここからは、ホワイトデーの意外な起源を探り、発祥の地やホワイトデーという名前の由来についてご紹介していきます。

 

発祥の地は日本だった!

 

まず、ホワイトデーの発祥の地といえば、多くの人が海外のどこかの国だと思っているのではないでしょうか。

 

私もそうだと思っていましたが、実際のところ、なんと日本が発祥の地だったのです。

 

バレンタインデーは、諸外国でも「恋人たちのための日」として大切な人にプレゼントを渡す習慣はありますが、そのお返しをするという文化はなかったようです。

 

その一方、日本では、日本人特有の義理堅さや贈り物に対してはお返しをするという考え方があることから、バレンタインデーにチョコを貰ったお返しをする日としてホワイトデーが誕生しました。

 

ホワイトデーの名前の由来は?

 

ホワイトデーと当たり前のように口にしている行事ですが、なぜ「ホワイトデー」という名前になったのでしょうか。

 

ホワイトデーの由来に関する疑問は、ホワイトデーのルーツを探ることで解決することができます。

 

まず、1977年に発刊された新聞記事の中にこんな内容があったそうです。

 

バレンタインデーのお返しの日って決まってないよね

 

この記事を読んだ福岡県にある老舗の和菓子屋「石村萬盛堂(いしむらまんせいどう)」が、バレンタインデーの翌月の3月14日に「マシュマロの日」としてマシュマロを販売されました。

 

その後、飴菓子工業協同組合は、1980年3月14日に「ホワイトデー」と銘打ってキャンペーンを展開したことによって、国民的行事の一つとして定着しました。

 

つまり、元々「石村萬盛堂」が始めた「マシュマロの日」にちなんで、「マシュマロ=白色」といった特徴から「ホワイトデー」という名前になったようですね。

 

続いて、日本から始まったホワイトデーですが、海外でも行われているのかどうかについて確認していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

ホワイトデーの文化は海外にもあるの?

 

ホワイトデーの文化は海外にもあるの?

 

ホワイトデーという行事は、日本から始まった文化であることをお伝えしましたが、諸外国では、ホワイトデーと同じような行事は行われているのでしょうか。

 

結論から言うと、「ホワイトデー」と銘打ってイベントを行っている国はないようです。

 

ただ、バレンタインデーに対する独自のイベントをしている国もあるようなので、それぞれの国でどんなイベントが行われているのか、下記でご紹介していきます。

 

韓国のホワイトデー

 

韓国では、バレンタインデーに韓国の名物「バスケット」にたくさんのチョコを詰め合わせて意中の男性に贈るという文化があります。(他にも化粧品や美容品などを贈る人もいるとか)

 

ホワイトデーには、そのお返しとして、男性からチョコをくれた女性にキャンディーを贈り、お相手に対して好意がある場合、花束やぬいぐるみを一緒に贈るのが一般的です。

 

また、ホワイトデーが近づくと、お店も可愛いキャンディーが並ぶので、その華やかな光景も見どころとなっています。

 

ちなみに、韓国には、バレンタインデー、ホワイトデーに続き、翌月の4月14日に「ブラックデー」と言われるイベントがあります。

 

ブラックデーがどんなイベントかというと、バレンタインデーとホワイトデーで何も貰えなかった独り身の人が、黒い服を身にまとってジャージャー麵など黒い物を食べるという、なんとも悲しいイベントです(つд∩)ウエーン

 

中国のホワイトデー

 

中国では、バレンタインとホワイトデーともに、男性から女性にプレゼントを贈るという文化があります。

 

バレンタインにチョコ、ホワイトデーにキャンディーを贈るのが一般的ですが、相手によってアクセサリー、ぬいぐるみ、花束などを合わせてあげることもあるとのことで、日本と似た風習であると言えます。

 

どちらも男性からのプレゼントということですから、女性の立場からすると2ヶ月連続で最高のイベントがあるわけですね。

 

アメリカのホワイトデー

 

アメリカでは、ホワイトデーというイベントは存在せず、バレンタインの2月14日に男性から好意を寄せている女性に告白する日として知られています。

 

また、女性から義理チョコを贈るといった文化はないようなので、日本でいう「多くのチョコを貰った」という事実をモテエピソードとして語ることができないということですねww

 

前述したように、アメリカのバレンタインデーでは、男性から女性に気持ちを伝える日と認識されていますが、日頃からお世話になっている人に対して感謝の気持ちを込めて、花束にメッセージカードを添えて贈ることもあるようです。

 

ヨーロッパのホワイトデー

 

イタリア、スペイン、デンマーク、ドイツなど、ヨーロッパのホワイトデー事情も確認してみたところ、ホワイトデーというイベントはないようです。

 

バレンタインに関しても、アメリカや中国と同様に義理チョコを贈る文化はなく、恋人や大切な人同士でプレゼントを贈り合うイベントとして認識されているようです。(男性から女性に贈ることの方が多いとのこと)

 

その一方、男性から女性に対して感謝の気持ちを表す日など、各国によって独自のイベントを行っているところもあります。

 

例えば、イタリアだと、男性から女性に日頃の感謝や大切に想う気持ちを伝える日として、3月8日に「ミモザの日」という日があるそうです。

 

このように、他の国にも知られざるイベントがあるので、そういう独自の文化を知るのも面白いですね(*^-^*)

 

続いて、ホワイトデーに向けての準備をいつからするべきなのかについてご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

ホワイトデーの準備はいつからするべき?

 

ホワイトデーの準備はいつからするべき?

 

バレンタインでチョコを貰ったら、ホワイトデーの準備に頭を悩ませる男性も多いかと思いますが、具体的にいつから準備をするべきなのでしょうか。

 

結論から言うと、当日までに用意するのであれば「いつでもいい」と僕自身は考えています。なお、世の男性に対するアンケート調査によると「一週間前」という回答が一番多く、ギリギリになって焦って用意する人も多いようです。

 

また、ホワイトデーの準備期間の参考元として、伊勢丹や高島屋など大手デパートのホワイトデー商戦も確認してみたところ、下記のようになっていました。

 

店舗名時期(日程)
伊勢丹2月21日~
高島屋1月30日~

(日程は例年のデータ参照)

 

例年通りだと、割と早めにホワイトデーキャンペーンがスタートしているので、余裕を持って準備しておきたい人には、嬉しいのではないでしょうか。

 

ただ、最高に喜んでもらうためには、事前にリサーチをしておかなければいけないので、相手の好みなどを確認できていない人は、しっかり把握してから準備するようにしましょう。

 

ちなみに、ホワイトデーにあげるものによって、込められている意味があることをご存じでしたか?

 

何も知らずに変な意味を持つプレゼントをしてしまうと、相手によって不快に感じてしまうこともあるかもしれないので、下記の記事も合わせて確認してみてください(*^-^*)

 

→ホワイトデーにあげるものに意味はある?おすすめの品はクッキー?

 

最高のプレゼントを用意してホワイトデーを楽しもう!

 

最高のプレゼントを用意してホワイトデーを楽しもう!

 

ホワイトデーの起源や発祥の地、海外でのホワイトデー事情に加え、ホワイトデーに渡す品を準備すべき時期についてご紹介しました。

 

日本では、毎年当たり前のように行われているホワイトデーというイベントも、諸外国によって様々な形があるのは、見ていてすごく面白かったですね。

 

今年もバレンタインデーにチョコを貰った人は、ホワイトデーのお返しに頭を悩ませるかもしれませんが、せっかくのイベントを盛り上げるためにも、最高のプレゼントを用意して大切な人を喜ばせてあげましょう(*^-^*)

コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL